CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

WowFabric

おもしろかわいいハンドメイド材料のお店、WowFabricのブログです。ユニークなUSAコットンやボタンなどを取扱っています。ショップにもぜひ訪れてください。http://wowfabric.jp
<< USAコットンの面白さ リアル描写編1 | main | 新着生地のお知らせ >>
USAコットンの面白さ リアル描写編2
0

    WowFabric で扱っている生地でロングセラーになっているのが宇宙柄です。

    特に初期からある TimelessTreasures の宇宙柄はシンプルで一番人気です。


    なんと淡い水色から濃紺までブルートーンの色だけで14版も使われています。生地全体に広がる宇宙を見ると微妙なグラデーションが深い空間を現していて、とても意欲的なデザインであることが伺えます。


    宇宙柄のファッションアイテムが流行りはじめて数年になるかと思いますが、3年ほど前にこの宇宙柄をセーラー服の紺色の部分に使用したものを見た時は衝撃でした。

    (画像がないと文字だけではイメージしづらいのでイラストを配置しましたが、もっと詳しくはこちら←からGoogleの検索画像をぜひご覧ください、可愛いです!)

    思春期の女の子特有の不可思議さと、セーラー服というアイテムと、宇宙空間の果てしなさがぴったりで、なんて素敵な組み合わせだ!とアイデアに感心しました。

    既製品でも販売されていますが、宇宙柄セーラー服を自作されていた人もいたと思います。上記の生地で作られたセーラー服をデザフェスなどのイベント会場で見ましたし、ライブなどで着ている人もいるようですね。

    宇宙や海の柄というのは不思議で、切り取られて仕立てられ作品や商品になった時、その部分が向こう側に空間の広がる窓のような感じに見えることがあります。手に持てるサイズの小物でもそうですし、例えばファブリックパネルや窓枠のようなフォトフレームなどに入れて飾ると物理的には凸状なのに、凹のような気がする場合があるのです。

    それもこだわりの多色使いによってまるで深い奥行きの空間が広がるかのようにプリントされているからで、その面白さを生かす使い道を考えるのが、ハンドメイドの醍醐味のように思います。

     

    さて次回更新の時には少し視点を変えて、異国の文化を生地の柄で知る、ということについて書こうと思います。

     

    それではまた。

     

    ぜひWowFabricのショップサイトもご覧くださいね!

     

    | 商品について | 01:07 | comments(0) | - |