CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

WowFabric

おもしろかわいいハンドメイド材料のお店、WowFabricのブログです。ユニークなUSAコットンやボタンなどを取扱っています。ショップにもぜひ訪れてください。http://wowfabric.jp
USAコットンの面白さ リアル描写編2
0

    WowFabric で扱っている生地でロングセラーになっているのが宇宙柄です。

    特に初期からある TimelessTreasures の宇宙柄はシンプルで一番人気です。


    なんと淡い水色から濃紺までブルートーンの色だけで14版も使われています。生地全体に広がる宇宙を見ると微妙なグラデーションが深い空間を現していて、とても意欲的なデザインであることが伺えます。


    宇宙柄のファッションアイテムが流行りはじめて数年になるかと思いますが、3年ほど前にこの宇宙柄をセーラー服の紺色の部分に使用したものを見た時は衝撃でした。

    (画像がないと文字だけではイメージしづらいのでイラストを配置しましたが、もっと詳しくはこちら←からGoogleの検索画像をぜひご覧ください、可愛いです!)

    思春期の女の子特有の不可思議さと、セーラー服というアイテムと、宇宙空間の果てしなさがぴったりで、なんて素敵な組み合わせだ!とアイデアに感心しました。

    既製品でも販売されていますが、宇宙柄セーラー服を自作されていた人もいたと思います。上記の生地で作られたセーラー服をデザフェスなどのイベント会場で見ましたし、ライブなどで着ている人もいるようですね。

    宇宙や海の柄というのは不思議で、切り取られて仕立てられ作品や商品になった時、その部分が向こう側に空間の広がる窓のような感じに見えることがあります。手に持てるサイズの小物でもそうですし、例えばファブリックパネルや窓枠のようなフォトフレームなどに入れて飾ると物理的には凸状なのに、凹のような気がする場合があるのです。

    それもこだわりの多色使いによってまるで深い奥行きの空間が広がるかのようにプリントされているからで、その面白さを生かす使い道を考えるのが、ハンドメイドの醍醐味のように思います。

     

    さて次回更新の時には少し視点を変えて、異国の文化を生地の柄で知る、ということについて書こうと思います。

     

    それではまた。

     

    ぜひWowFabricのショップサイトもご覧くださいね!

     

    | 商品について | 01:07 | comments(0) | - |
    USAコットンの面白さ リアル描写編1
    0

       

      USAコットンの特徴である多色刷りのプリントで得意な表現といえば写実的な描写です。

      たくさんの色を用い写実的デザインでモチーフを表現する方法は、独特の面白さを持っています。

       

       

      動物の表情には生き生きとした生命感、食べ物の場合はシズル感、宇宙や空などは空間が感じられ、作品に仕上げた時に強い存在感を持つものができます。

      そして写実描写の「やりすぎ感」が絶妙な可笑しみを付加して、不思議な愛着がわくのです。

       

       

      対象に対する大きな愛情を感じさせるので、ハンドメイド作品を家族や友人のために作る、あるいは販売したりする場合に例えば「海が大好きなあなたへ」「この猫の目つきうちのコに似てるよね」などのメッセージを込めることもできて、コミニケーションの一助にもなりますね。

       

       

      ネットショップを始める前にYahoo!オークションに生地を出していたのですが、リアルパンダの生地はパンダ好きな人たちにとても人気でした。その時の落札者さんのIDを見ると(そのまま書くわけにいかないので仮名ですが例えば)”パンダマニア”さんや”ラブパンダ”さん、”パンダ_ママ”さんなど、もう名前から「パンダ愛」が溢れていました。

       

      家族みんな同じものが好きだったら、USAコットンなら例えば全員お揃いのパジャマにすることもできますよ。

      何か特定のモチーフで大好きなものがあるときは、リアル描写のものを探してみると面白いものがあるかもしれません。

       

      次回は以前宇宙柄の生地で素敵な使い方をされているものがあったので、そのお話を書こうと思います。
      それではまた。
      | 商品について | 21:00 | comments(0) | - |
      USAコットンはお好きですか?
      0

        いつも商品を追加した時にしか投稿していないので、WowFabricのメイン商品であるUSAコットンについてなどちょっと詳しく書いてみようと思います。(^ ^)

         

        当店(ネットショップ「WowFabric」)はアメリカの綿生地、いわゆるUSAコットンを主に扱っています。

        皆さんはUSAコットンてどんなイメージをお持ちですか?

        柄がド派手?色がくどい?面白いデザイン?大阪のおばちゃんみたいなリアルなアニマル柄?

        そのほかに国産生地より高価、とか。

        そんなイメージだったらだいたいあってます(笑)が、たくさんある特徴の一部です。USAコットンは知れば知るほどハマる魅力に溢れている、良い意味でマニアックな、楽しい布なのです。

        このブログではこれから何回かに分けて、USAコットンの沼へ( ̄ー ̄)ご案内したいと思います。

         


        USAコットンの中でも当店で扱っているのは「キルト用」とされている並厚で平織りのシンプルな生地で、手縫いでもミシンでも縫いやすく扱い易いものです。
        キルト用とは言ってもパッチワークキルトのみでなくポーチやバッグなどの袋物から衣服やインテリアまで幅広い用途があり、ソーイングだけでなくカルトナージュのような様々な技法にも向きます。

        そして何よりも魅力なのは、豊富なモチーフと鮮やかな色柄です。もともとUSAでは多色刷りのデザインが人気が高いそうで、コットン生地にもふんだんな色数でデザインも盛り盛りにモチーフや要素を盛り込むものが多く、にぎやかです。誕生日、独立記念日、イースター、夏休み、ハロウィン、ホリデーなどのイベント柄からは米国の楽しそうなハレの日の空気が伝わってきます。


        (画像の生地ははらぺこあおむしの柄を除き現在WowFabricで扱っていないものです。)

        これからこのブログで、USAコットンにどんなデザインのものがあるのか、その魅力や使いドコロについてご紹介していこうと思います。

        次回更新の時には多色刷りによるリアルな描写の柄を紹介します。

         

        それではまた。

        | 商品について | 22:21 | comments(0) | - |